全組合員対象!

「高齢雇用に関する実態・意識調査」にご協力お願いします

定年延長の検討のためにWeb調査にご回答ください!!

 昨年度、政府は公務員の定年引上げに関する論点整理を行い、現在人事院において具体的な制度設計が検討されています。 論点整理では、地方公務員についても今後検討する必要があるとしています。

 教職員の定年に関わる課題としては、定年前退職者が義務制約31%、高校約24%(日教組17年度退職調査より)で、 長時間労働や育児・介護等により、定年まで働き続けるのが困難な実態や、加齢に伴う心身の変化に対応した支援策等があります。

 そこで、定年延長の実現にむけた現場からの諸要求をまとめ、多様な働き方が可能となる制度設計を文科省へ提言を行っていくために、 急ぎWeb調査結果を集約し検討を行います。
つきましては、以下のとおり、積極的なとりくみをお願いします。

1.調査期間 2018年4月4日〜4月30日

2.調査種目 高齢雇用に関する実態・意識調査

3.調査方法 Web調査 組合員個人による直接入力

調 査 画 面 U R L (クリックすると調査画面へリンクします)
https://bit.ly/2uGplYB   高齢雇用URLQRコード
スマホご利用の場合は右側のQRコードを読み取ってください。

※上記URL若しくは二次元コードでアクセスできない場合は、お手数ですが下記のURLをお使いください。 http://labour-research.org/limesurvey/index.php/646811?lang=ja

4.その他 URLや二次元コードはコピーできます

スマホやPCでWEB調査画面にアクセスしご回答ください。
ただし、公用のPCは使用しないでください。
休日、夜、昼休みなどの都合のよい時間でご協力ください。
4/30(月)までに回答をお願いします。

短時間でできますので、ご協力よろしくお願いします!!   画面印刷

日本教職員組合